ほそ~く♪ なが~く♪のんびりと・・・


by Snufkin_001
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
霞んでいた剣山の頂上付近が
さぁ~っときれいに晴れてきた
デッキの前を行く親子の足取りも軽くなったようです

a0068913_11330022.jpg

a0068913_11330615.jpg
頂上へ続く木道は何本もあるみたい

a0068913_11331338.jpg
さぁ、私たちも登りましょう

a0068913_11334395.jpg

a0068913_11340441.jpg
剣山頂上 1,955m
やったぁ~~♬

a0068913_11471248.jpg
まだ遠くの山々は霧がかかっている

a0068913_11332485.jpg
デッキの上で若い人たちのパーティはかなり賑わっていた

a0068913_11343966.jpg
一番見たかった景色「次郎笈」

a0068913_11345372.jpg
ずっと続く稜線は天空にまで届きそうだった

a0068913_11345914.jpg
またいつか訪れた時
あの稜線を渡って次郎笈まで行ってみたいものです

a0068913_11471678.jpg
しばらくベンチに腰かけて頂上からの景色を楽しんだ

a0068913_11335575.jpg
目的を果たしたし、さぁ帰ろうかな

a0068913_11351256.jpg
登り口の横にイヨフウロ
上るときには気が付かなかったな

a0068913_17143327.jpg
帰りはほとんど写真も撮らず足元を気にしながら下りた

a0068913_11351938.jpg
帰りもリフトに乗って・・・

a0068913_11352952.jpg
クガイソウ
登りで撮ったのはボケボケだったけど・・・(^^ゞ

a0068913_11353706.jpg
キレンゲショウマはまだ蕾でした

a0068913_11354555.jpg
下から歩いて上がるのはちょっと無理でも
この長いリフトのお陰で頂上まで登れました
リフトのお陰で気軽に登れる
お気に入りのお山になりました

さて、帰りはかずら橋に寄って帰ろうかな




[PR]
# by Snufkin_001 | 2018-09-17 17:46 | Day Trip | Comments(1)
7月半ば、四国の山に登って来ました
もう2ヶ月近く前のことになりますが・・・(;'∀')
途中までリフトで行くことが出来るので
私でも登れるのではないかと
剣山にチャレンジしてみることにしました

a0068913_18060324.jpg
久々の瀬戸大橋を渡ります

a0068913_18061118.jpg
この橋はやはり大きくて渡る度ワクワクしますね

a0068913_18061882.jpg
四国に渡るとこんもりとした可愛い形のお山
こんな山がたくさん見られます

a0068913_18062994.jpg
「うだつの町並み」の徳島県美馬市
お祭りがあるのでしょうか
初めて見る紅白の紙垂(しで)が飾ってありました

a0068913_18064135.jpg
山に入ると「滝だぁ~」と思って車を停めたけど
何だか人工的なもののようで・・・

早く出発したつもりでも到着したのは10時過ぎ
駐車場は満車で隣のお土産物屋さんに
「帰りに(500円以上だったかな?)何か買ってください」
ってことで駐車させてもらえた

a0068913_18064819.jpg
見ノ越からリフトに乗ります
リュックは前に抱えてくださいとのこと
下にはニッコウキスゲとクガイソウが咲いていましたが
キレンゲショウマはまだ蕾でした
色々な花を見ることが出来るようですね

a0068913_14492919.jpg
リフトの下をワンちゃんと一緒に歩いている人も

a0068913_14501404.jpg
あと少しで西島駅へ

a0068913_18065535.jpg
15分ほどで到着です
今回は何も分からないので
とにかく下りてすぐ皆さんが上っておられる階段から

a0068913_15112617.jpg
今日は天気が良くなるとの予報だったんだけど
空には雲がたくさん出てきた
もう少し青空が欲しいなぁ

a0068913_18070721.jpg
チクチクとげのアザミ

a0068913_18071809.jpg
笹に覆われた登山道の両側に立ち枯れた木が目立ちます

a0068913_18072341.jpg
「刀掛の松」

安徳天皇が剣山に登る際「草薙の剣」を持った従者に
剣を置いて汗を拭くよう声をかけられたが従者は戸惑う
そこで安徳天皇は再度
松に剣を立て掛けて汗を拭うようにと言葉をかけられた

という伝説の松なのだそうです

a0068913_18073037.jpg
ここで道は3方向に分かれていたけど
真っすぐ頂上に向かう道を進む

a0068913_18073690.jpg
右上を見れば山小屋が見え、人影も小さく見える
もう少しだ頑張ろう~!

a0068913_15074661.jpg
少し登っては休憩
どうぞどうぞ・・・と後から来る人に道を譲るけど
同じように少し行くとまた休んでいる人を追い越して
しんどいのは私だけじゃないんだ

a0068913_18074494.jpg
家族連れで小さな子供の姿も見かけた
お父さんお母さんが山が好きでいつも登っていたら
子供も山歩きをするようになるのよね
もっと若い頃から山に登れば良かった・・・
といつも思う

a0068913_18075616.jpg
あっ、鳥居が見えた もうすぐ!

a0068913_18080554.jpg
ようやく頂上ヒュッテに到着
剣山本宮宝蔵石神社にお参りして行きました

a0068913_18081370.jpg
横の階段を上ってみると山の上は真っ白
先の方は何も見えないので左側に伸びる木道を進んでみる

a0068913_18082094.jpg
ここでお弁当を食べている人もいますね

a0068913_18082624.jpg
真っ白で何も見えなかった視界が徐々に開けて行く
何もないところに何で進んでいくの?と不思議だったけど
どこかに続く道が開けた

この先頂上へつづく・・・




[PR]
# by Snufkin_001 | 2018-09-09 15:34 | Day Trip | Comments(0)
a0068913_17371415.jpg
7月最終土曜日開催の予定が
台風12号の為延期になっていた花火大会
約1ヶ月遅れで9月1日(土)に開催されました
しかしこの日も朝から雨模様
あるのかなぁ~、ないのかなぁ~?
笠岡のHPを見ると「雨天決行」とあった

午後からまたいつもの友人から
「雨天決行で花火あるそうです」とLINEが入った
「場所取りしているので来てください」とも
なんといつもありがたいことです
夫が仕事だったので早くは行けないけど
少し遅めに合流させてもらいました

幸い始まるころには雨も上がり涼しい花火大会
暗くなるちょっと前に設定を終え
持参したおにぎりを食べながら開始時刻を待つ
午後7時30分最初の花火が上がると
わぁ、方向がまるで違う
半分しか入ってないじゃない!
急いで左に向ける
あぁ、今度は向け過ぎた・・・と少し右に
何とか真ん中になったけど
大玉の花火が上がると上半分が入ってないよ~(;'∀')

a0068913_17371970.jpg
そんなこんなでバタバタしながら
今回も試行錯誤の花火撮り

a0068913_17373074.jpg
はみ出したり小さ過ぎたりしたものの
何とか切り取ることが出来ました

a0068913_17373882.jpg

a0068913_17374485.jpg

a0068913_17375107.jpg

a0068913_17375849.jpg

a0068913_17380477.jpg

a0068913_17381162.jpg

a0068913_17381844.jpg
最後はやっぱり笑うしかない豪華さ
カメラの設定はイマイチだったけど楽しい花火大会でした

お天気のせいか、日程が変わったせいか
人出はいつもより少なかったような気がします
お陰で帰りもあまり混雑することなく
スムーズに帰ることが出来ました




[PR]
# by Snufkin_001 | 2018-09-04 18:05 | Diary | Comments(2)
a0068913_12185184.jpg
昨年見た松江の花火が感動的にきれいだったので
終わってすぐ「来年も行こう~~♫」と決めていた
今回は頑張って朝早く起きて・・・と思ったのに
何故だか松江に着いたのはお昼前
でも去年より少し早いし先に場所取りすれば・・・と思ったものの
目的の場所に行くともうずら~っと三脚が並んでいた
聞くと早い人は朝の5時ごろから来ているらしい
日の出の時刻から場所取りしていいという決まりになっているのにね
仕方なくずっと端の方にシートを敷いた

a0068913_12421105.jpg
駐車場で大分時間をつぶしたあと
シャトルバスに乗ってまた宍道湖畔に戻ってきた
本当はバスが駅前の方にも停まるから
そこで下りて時間潰しをする予定だったんだけど(;'∀')
去年と違って会場と駐車場のみのピストン輸送だった
三脚を立ててさてどうしよう
とにかく暑い・・・
その場にいることも出来ず
今年も美術館のロビーで待機させてもらった

a0068913_18123245.jpg
ちょっと涼しくなったので戻ることに・・・
この日は風が強くて一番前に場所取りしてあったシートは
波を被ってびしょびしょになっていた

前置きが長くなりましたが今年の花火です(^^ゞ

a0068913_18221557.jpg

a0068913_18124567.jpg

a0068913_18125187.jpg

a0068913_18125883.jpg

a0068913_18130851.jpg
風が強かったので花火がどうしても流されてしまう
煙がその場に止まることがことがないのは良かったけど

a0068913_18131598.jpg

a0068913_18132394.jpg
後で見て
この花火どんな花火だったんだろうね?
あまり目にしたことのない花火です

a0068913_18342017.jpg
後半になると最大級の花火が何発も上がります

a0068913_18223671.jpg
水中花火もきれいすぎ
ドンド~ン~♬

a0068913_18135286.jpg

a0068913_18135873.jpg

a0068913_12134072.jpg

a0068913_18140607.jpg
フィナーレ級の大きな花火が続いて
ついにこれが最終の超々でっかい花火です

ことしもきれいだった 大満足・・・(*‘∀‘)
と思ったのもつかの間
シャトルバス乗り場に行くと
1巡目のバスは9台もあるのに全部出てしまい列の後ろに並ぶ
去年は最初のバスに乗れたので
ストレス無しに帰れたけど
ひたすらバスが来るのを1時間半も待ってしまった
その上三次インターは工事中とかで10時から閉鎖中
高速を下りて一区間下道を行き
家に帰ったのは日付が変わった午前1時半でした
あ~ぁ、ハードな一日だった





[PR]
# by Snufkin_001 | 2018-09-02 13:15 | Day Trip | Comments(0)

あさくち花火大会2018

今年は何故だか花火に燃えてて
これでなんと5回目の花火大会です
一番最初に行った松江の花火をまだアップしてないんだけど(^^ゞ
今回も毎年何度も花火を撮っていて
とっても花火に詳しい友人ご夫妻と一緒です

ここの花火は
「寝転がって、夜空に広がる花火を見よう」
ってキャッチコピーなので
広い芝生に寝転がって見れるんだろうな
でも写真を撮るのは高台からです
いつか寝転んで見たいなぁ~(^^♪

a0068913_22515783.jpg
ここの花火は下からスイスイスイと何本もの光が上がり
そのあとド~ンと打ちあがるのが多かった

a0068913_22503551.jpg

a0068913_17591925.jpg
暗いから写らないと思い私は入れなかったけど
画面の右側には瀬戸大橋と三ツ山があるのです
友人は長時間シャッターを開けていたら
三ツ山まで写っていたんだとか
やってみれば良かったな

a0068913_22515174.jpg

a0068913_22501931.jpg

a0068913_22510992.jpg

a0068913_22512152.jpg

a0068913_22514335.jpg

a0068913_18015393.jpg

a0068913_22520301.jpg
最後はやっぱり爆発~~!!
これをきれいな線で撮るのが課題です

今年の花火まだ行けるかな?




[PR]
# by Snufkin_001 | 2018-08-28 18:22 | Diary | Comments(2)